九ポ堂

活版印刷

自身で活版印刷機を操作し、デザインから印刷作業までを手がけるユニット・九ポ堂。おとぎ話のような世界観で「少し不思議」な紙雑貨を制作しています。代表作でもある「架空の商店街」シリーズは、「ツキアカリ商店街」「雲乃上商店街」「ゾクリ町商店街」など、童話に登場するようなユニークな商店街の店を描いた作品。紙の手触り、インクのにおいを感じながら、九ポ堂のすこし不思議でノスタルジックな世界観を覗いてみませんか?

◆ 12月の紙博に向けて販売を予定しているものを1点教えてください。

活版架空広告ハガキ・不思議なインク研究所シリーズ「雲インク」の夕焼けバージョン(制作中の写真です)。

アイテムを制作する際に大切にしていることを教えてください。

物語性があり、みなさんにクスッとしていただける物作りを心がけております。また、紙の種類やインクの風合いなど、手触り感も楽しめる紙雑貨を目指しております。送ることもでき、飾ることもできる小さな絵画「葉書」にこだわりがあります。ぎゅっと九ポ堂の世界観を詰め込んだ葉書が沢山ございますので、是非お手にとってご覧くださいませ。

◆紙博初開催の地である松本に向けて、意気込みを教えてください。

長野県エリアでのイベント出展は初めてですので、自分たちも存分に楽しもうと思います。

◆ 商品カタログ予習帳


九ポ堂
Web site:https://www.kyupodo.com
Instagram:@kyupodo_aoi
Twitter:@aoi_sakai
決済方法:現金、クレジットカード

啓文社印刷

活版印刷

「記憶に残る印刷物」を合言葉に、活版印刷をはじめ、さまざまな表現方法を使った提案をする神戸の印刷会社・啓文社印刷。オリジナル雑貨や文具の制作の他、活字の文選・組版・印刷を体験できるワークショップも開催。凹凸の手触りが気持ちいいメッセージカードやリズミカルな動きがたのしい動物のスタンプ、高級感のある隅金金具がついた紙箱など、紙好きを唸らせる作品が並びます。

◆ 12月の紙博に向けて販売を予定しているものを1点教えてください。

新作で活版隅金箱。

アイテムを制作する際に大切にしていることを教えてください。

見た瞬間から記憶に残るようになる商品作りを心がけています。

◆紙博初開催の地である松本に向けて、意気込みを教えてください。

初の紙博in松本。記憶に残る紙博にしたいと思います。

◆ 商品カタログ予習帳


啓文社印刷
Web site:https://www.k-bunsha.com/
Instagram:@keibunsha
決済方法:現金、クレジットカード、交通系IC、QUICPay

緑青社(つるぎ堂+knoten)

活版印刷

緑青社は、共に活版印刷による紙雑貨を制作している、つるぎ堂の多田陽平さんとknotenの岡城直子さんによるプロジェクト。どこか神秘的でノスタルジックな雰囲気をまとった作品は、紙の質感やインキの色合いを細かく調整しながら生み出されています。個性的な作品を作り続けてきた二人が、互いの良さを引き立て合うことで生まれる強力な化学反応をその目で確かめてみませんか?

◆ 12月の紙博に向けて販売を予定しているものを1点教えてください。

冬もののポストカード

アイテムを制作する際に大切にしていることを教えてください。

自分たちの好きなもの、欲しいと思うものを作ること。

◆紙博初開催の地である松本に向けて、意気込みを教えてください。

この夏、文箱さんでの「山のたより」展で訪れた際にはあたたかく迎えていただき、すっかり松本ファンに。旅の余韻が醒めないうちに、また松本の地へ呼んでいただき感謝です。気づけば増えているライチョウや山の図案たち…山にいだかれた街の方々に、ぜひお手にとっていただきたいものがたくさん! 大好きな街での初開催、一枚一枚がお客さまとの新たな出会いにつながることを願っています。

◆ 商品カタログ予習帳


緑青社(つるぎ堂+knoten)
Instagram:@rokushosha.letterpress
Twitter:@rokushosha
Facebook:@rokushosha
決済方法:現金、クレジットカード