イベントサポーター募集のお知らせ

東北で初めての開催となる「紙博 in 仙台」では、イベントサポーター(ボランティアスタッフ)を募集します。珠玉の作り手と共に、紙への愛に溢れた最高の空間を作り上げませんか? ぜひ、手紙社のイベントを、東北の皆さまと一緒に盛り上げていきたいと思います! たくさんのご応募をお待ちしております。

「紙博 in 仙台」イベントサポーターの応募フォームはこちら
※登録していただいたメールアドレス宛にご連絡をさせていただきます
※次のメールを受信できるメールアドレスの登録をお願いいたしします
[at]tegamisha.com([at]を@に変換)
※ご入力いただきました個人情報につきましては本目的以外に使用致しません

◎お問い合わせ先
手紙社編集部イベントサポーター担当:木村
TEL:042-444-5367

 

▽手紙社のイベントサポーターとは? 

イベント当日の運営に関わってもらうのはもちろん、サポーターのみなさま同士が、長期的に深く関わっていけるような場所を、作っていきたいと考えております。別々のイベントにサポーターとして参加してくれた方同士がコミュニケーションを取れるような場所であり、イベントの前もイベントが終わった後も、みんながやわらかく繋がっていける機会を作っていきたいと思います。

具体的には、このようなことを考えています。
・サポーター同士の交流会を定期的に開催
・サポーターと手紙社スタッフだけのオンラインページの開設
・サポーター専用オリジナルパスポートをお渡し
・手紙社の店舗や主催イベントでのおトク情報の定期的ご提供
・イベントの企画会議へ参加できる機会
・サポーターフォトコンテストの開催

そのほかにも、わくわくすることをたくさん企画中です。ぜひ手紙社のサポーターになってみてくださいね! ご参加方法は以下の通りです。


【今すぐ手紙社イベントサポーターへ参加したい方】

1. 参加したいイベントのサポーター応募フォームからお申し込みください
サポーター募集の情報は、こちらのページもしくは各イベントのサイトにてご覧いただけます。参加したいイベントの応募フォームよりお申し込みください

《サポーター募集イベント》
「布博 in 名古屋」応募フォームはこちら
「紙博 in 仙台」応募フォームはこちら

2. サポーター面談会にご参加いただきます
サポーター面談会の日程をメールにてご案内します。簡単な面接と、同じイベントに参加するサポーター同士の交流会を行います。

3. 各イベントの当日に向けての直前説明会・懇親会を開催します
イベントの一週間ほど前に、サポーターのみなさまにお集まりいただき、イベント当日の細かな動きや注意事項などをお伝えする直前説明会を行います。説明会の後には懇親会を開催し、一緒に活動するサポーターのみなさまと手紙社スタッフが顔を合わせてお話しできる時間を作ります。

4. イベントに参加! みんなでイベントを盛り上げましょう!
イベント当日は、場内、インフォメーション、入場口といったチームに分かれて動いていただきます。具体的には、出店者さんのサポートやお客様のご案内、会場企画のサポート、開場前や閉場後の設営・撤収等を行います。より詳しい内容は、説明会の時にお話します。

5. 手紙社サポーター限定・オリジナルパスポートのお渡しと、オンラインサロンにご招待!
イベント活動終了後に、サポーター限定パスポートをお渡しします。パスポートは、2019年11月の東京蚤の市(を含む)以降のイベントに参加してくれた方に差し上げます。パスポートをお持ちのサポーターの方限定で、手紙社の店舗やイベントで特典が受けられる企画を定期的に行なっていく予定です。合わせて、サポーターと手紙社スタッフだけのオンラインサロンへご招待します。サロンでは、サポーター同士がコミュニケーションを取れたり、交流会へのお誘い、パスポート特典の情報などを発信いたします。また、手紙社編集部の企画会議へご参加いただける機会や、フォトコンテストなども計画中です。


【いつかサポーターとしてイベントへ参加したいと思っている方】

1. まずはサポーター仮登録へお申し込みください
今すぐではないけれど、いつかイベントサポーターへ参加してみたいと思っている方、どんな事をするのか当日はどんな様子なのかもっと知りたい、と申し込みを迷われている方は、まず仮登録ください。

・仮登録申し込みフォームはこちら

2. サポーターの活動の様子をメールでお届けします
イベント準備の様子や当日の会場の様子、サポーターがどのような活動をしているのかを、あなたのメールアドレスにお届けします。手紙社サポーター限定オンラインページの一部も特別に配信する予定です。

3.イベントサポーターの募集をいち早くお知らせします
仮登録いただいたみなさまに、サポーター募集のお知らせをいち早くお届けします。

4.イベントサポーター募集フォームよりお申し込みください
気になるイベントがありましたら、応募フォームよりお申し込みください。

 

それぞれのイベントに参加してくださる、サポーターのみなさま同士の新たなコミュニティと、そこに小さな輝きがたくさん生まれるような場所を作っていきたいと思います。今まで関わってくれたスタッフのみなさまにも、これから挑戦してくれるあなたにも、楽しんでもらえることをたくさん企画中です! みなさまのご参加をお待ちしております。

 


よくあるご質問

Q:どんな年代の人が参加しますか?
A:学生から主婦、会社員までさまざまな方にご参加いただいています。

Q:面談とイベント説明会は各イベントごとに毎回行いますか?
A:面談はサポーターとして初めてご参加いただく方のみ、行わせていただきます。説明会はイベント毎に参加をお願いしています。

Q:遠方に住んでいますが、面接はどのように行いますか?
A:LINEのビデオチャットにて行わせていただきます。

Q:イベント中の体力が心配です。
A:疲れてしまった時、体調が悪い時など、遠慮なく、すぐに近くの手紙社スタッフにお伝えください。

Q:イベント中はどんな格好で行けば良いですか?
A:イベントごとにオリジナルのスタッフTシャツ、又はパーカーをプレゼントいたしますので、そちらをご着用ください。

Q:イベント当日、遠方なので集合時間に間に合わない可能性がありますが大丈夫でしょうか?
A:事前にご連絡いただければ問題ありません。

Q:イベント参加中、お買い物はできますか?
A:休憩時間にお買い物していただけます。思う存分楽しんでください。

Q:複数のイベントに同時に応募できますか?
A:可能です。参加したいイベントに自由にご参加ください。

Q:友だちと一緒に参加しても良いですか?
A:ぜひ興味のあるお友だちと一緒に参加してみてください。

Q:作家さん、手紙社スタッフとお話できる時間はありますか?
A:サポーター、出店者さん、手紙社スタッフを含めた懇親会をイベント毎に行なっています。イベント当日の夜に行なっているので、ぜひ参加してみてくださいね。会費は無料です。

Q:各イベントの参加者が集まれる機会はありますか?
A:イベントサポーターの定期的な交流会を予定しています。

Q:サポーター同士の交流は活発ですか?
A:イベントへの参加をきっかけに普段から一緒に遊ぶようになったり、中にはご結婚された方もいらっしゃるようです。

何かわからないことや、知りたいことがございましたら、下記までお気軽にお問い合わせください。

◎お問い合わせ先
手紙社編集部イベントサポーター担当:木村
TEL:042-444-5367

「紙博 in 仙台」フライヤーに登場したアイテムを紹介します!

消しゴムはんこ作家・ericさんが手がけた「紙博 in 仙台」のフライヤー。実は、紙博のロゴのまわりを賑やかに飾るモチーフの中には、紙博出展者のアイテムが登場しています。本日はどの出展者のアイテムが登場しているのか、一挙に大公開! 実際に当日販売されるものもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

フライヤーは、各出展者さんのお店や手紙社各店舗のほか、仙台では会場・サンフェスタや仙台市役所(経済局 地域産業支援課)でゲットすることができますよ。東北各県の雑貨店、カフェなどでも順次配布予定ですので、ぜひ手に入れてみてくださいね。

&PAPERS

画面右上、起き上がり小法師の隣にあるのは『fanfare』。四角錐を二つ組み合わせた紙製のフラワーベースです。中には試験管が仕込まれているので、生花も安心して飾れます。シルエットが美しい作品です。

オソブランコ

あなたの趣味に合わせた記録専用の『ログノート』シリーズ。フライヤーには「SWEETS」のログノートが使われています。東北の甘くて美味しいお菓子を食べたら、このノートに記念に残してみてはいかがでしょうか?

Kino.Q

透明なテープに目盛りが入った『メジャーテープ』。透明なので、まるで直接そこにメモリが描いてあるかのように見えるかも。様々なものにコラージュして楽しめるアイテムです。

DRESSENSE

ベルギー製活版印刷のカードと封筒。当日は、“封筒バイキング”で気に入った封筒に、好みのカードを組み合わせることができますよ。ぜひあなただけのコーディネートを完成させてくださいね。

ぷんぷく堂

ぷんぷく堂オリジナルグッズ『ミニッパチ』。軽くて小さなバインダーメモは、どこへ行くにも携帯しやすい仕様。4つの色の中から、自分好みの色を選んでみてはいかがでしょうか。

ROCCA

ROCCAのオリジナルペーパー『peco』は、2012年に発売され、その人気でテキスタイルにもなった伝説の柄。2019年に復刻し、今回仙台にも登場予定です! レトロで可愛らしい図案と、わら半紙の手触りのある風合いを、ぜひ手にとってご覧ください。

「紙博 in 仙台」同時開催2大イベントのフライヤーができました!

3/21(土)、22(日)に東北で初開催となる「紙博 in 仙台」。同じ会場で同時にお楽しみいただける「ブローチ博 & 耳飾りパーティー」と「杜の北欧市」のフライヤーを配布いたします。

ブローチ博は「布博」内の、北欧市は「東京蚤の市」内の大人気エリア。初開催から5年経ってもなおその勢いは衰えません。選りすぐりの作家たちによるブローチと耳飾り。日本を代表する北欧伝道者たちが仕入れる北欧雑貨や家具。東北のみなさんに一刻も早くお届けしたくて仕方ありません! フライヤーを見ながらさらに期待を膨らませてしまってくださいね。各出展者さんのお店や会場のサンフェスタ 、東北各県の雑貨店、カフェなどで配布予定です。

「紙博 in 仙台」のフライヤーが完成しました!

毎日1組ずつ出展者が順番に登場して、開催までのカウントダウンをする、紙博アドベントカレンダー(@kamihaku_advent_calendar)では明日、50日前のカウントダウンが行われます。じわじわとその日が近づいてくることを感じ、ワクワクも高まってきた中、本日は完成したばかりのフライヤーをご紹介いたします! 今回のフライヤーを飾るのは、消しゴムはんこ作家・ericさん。今回は初の東北開催ということで、東北のモチーフを賑やかに描いてくれました。ericさんがそのイラスト全てを自ら一つひとつ手で彫り、はんこを作り上げたのです。こんなに繊細な線や図案が表現できるericさんの技術に、みなさんもきっと驚くはず。ぜひ手にとって間近で見てほしい1枚です。また、東北のモチーフと一緒に、紙博出展者のアイテムも登場しています。どんなアイテムが登場しているかは、また後日まとめてご紹介いたしますので、お楽しみに!

フライヤーの下半分は、なんと実際の切手のように切り取ることができる仕様になっています! もちろん本物の切手ではありませんが、切り離した1枚には東北各県のモチーフのほか、開催日となる数字も入っているので手帳やスクラップ帳に貼ってお楽しみくださいね。

フライヤーは、参加する各出展者の店舗や手紙舎各店舗でも配布しておりますので、ぜひ手にとって間近で見てみてください!

紙博アドベントカレンダーで、一緒にカウントダウンをしましょう!

3月21日(土)、22日(日)に仙台で開催する「紙博 in 仙台」には、63組の紙にまつわる作り手が集結します。開催日に向けてのワクワクがさらに盛り上がるように、紙博アドベントカレンダー(@kamihaku_advent_calendar)というInstagramアカウントを開設いたしました! このアカウントでは、出展者の中から毎日1組ずつ順番に登場して、開催までのカウントダウンをそれぞれの商品と数字で彩ってくれます。紙博の全出展者が参加する特別企画となりますので、ぜひ毎日チェックしてみてくださいね!

そして、この紙博アドベントカレンダー企画はみなさんもご参加いただけます。「#紙博in仙台まであと◯日」というハッシュタグをつけて、上記投稿をリポスト、もしくは、紙博出展者の気になるアイテムの画像と一緒に投稿してもOK(紙博公式サイトの画像を、お好きにお使いください)。ご参加いただいた方の中から、毎日1名様にささやかなプレゼントを進呈! プレゼントは開催当日、会場内のインフォメーションでお渡しいたします。選ばれた方には、紙博実行委員会(@kamihaku_advent_calendar)よりInstagramでメッセージを送らせていただきますので、届いたメッセージを会場でお見せくださいね!

2020年の紙博、その幕開けに向けて、ぜひ一緒にカウントダウンをしていきましょう!

<参加方法>
1.Instagramに「#紙博in仙台まであと◯日」とハッシュタグをつけて、紙博アドベントカレンダー(@kamihaku_advent_calendar)の投稿をリポスト。もしくは上記ハッシュタグをつけて紙博出展者の気になるアイテムの画像を投稿
※紙博の公式サイトの画像をご自由にお使いください
※鍵アカウントですと確認できませんのでご注意ください

2.投稿してくださった方の中から、毎日1名様に、紙博実行委員から個別でメッセージをお送りします

3.「紙博 in 仙台」当日、インフォメーションにてお名前を伝えて、紙博実行委員会室送られたメッセージをお見せください。プレゼントをお渡しします
※発送でのお渡しはいたしかねますのでご注意ください

紙ものを愛する人々の祭典が、仙台に初上陸!

紙と、紙でできた製品をこよなく愛する者たちの祭典・紙博。昨年の「紙博 in 東京 vol.3」では13,000人を動員、その後も京都や福岡、台湾など各地を訪れ、紙好きの輪を広げてきたイベントが、2020年3月21日(土) ‐ 22 日(日)の2日間、杜の都・仙台に初上陸します!

会場は、協同組合仙台卸商センター産業見本市会館サンフェスタ。2,000平米の大空間には、印刷会社をはじめ、文房具メーカーやイラストレーターなど、総勢63組の紙界のスーパースターが集結。凹凸とした手触りに味わいを感じる活版印刷のアイテムや、伝統技法を使った貼り箱、世界中から集められたヴィンテージの紙ものなど、それぞれの個性光るアイテムを、作り手である本人が販売します。当日は紙雑貨の販売以外にも、紙を使ったワークショップをはじめ、紙にまつわるトークイベントやアーティストによる音楽ライブを開催します。トークイベントには、全国各地のお菓子のパッケージなど様々なテーマで書籍を手がける甲斐みのりさんや、『デザインのひきだし』の編集長・津田淳子さん、昨年多くの紙ものファンを夢中にさせた星燈社代表・山本 星さん、今年書籍を出版することになった手紙社代表・北島 勲が登壇予定。ライブには、あの渋谷系ムーヴメントを索引してきたアーティスト・カジヒデキと、カフェシーンで圧倒的な存在感を誇るtico moon、最高のジャグバンド・The Worthlessという豪華ラインナップでのお届けです。

また、全国の珠玉の作り手たちが手がけたブローチが一堂に会する「ブローチ博」と、出店者自らが北欧の国々を巡って集めたヴィンテージアイテムが並ぶ「北欧市」も4階で同時開催。手紙社のイベントをぎゅっと詰め込んだ2日間を、どうぞお見逃しなく!

【「紙博 in 仙台」開催概要】
開催日:2020年3月21日(土)~22日(日)
時間:10:00~17:00
会場:協同組合仙台卸商センター 産業見本市会館 サンフェスタ(宮城県仙台市若林区卸町2丁目15-2)
※紙博会場は1Fイベントホール、ブローチ博&耳飾りパーティー・杜の北欧市の会場は4Fになります
入場料:800円(小学生以下無料)
※1枚の入場チケットで「紙博」「ブローチ博&耳飾りパティー」「杜の北欧市」全てにご入場いただけます
主催:紙博実行委員会
後援:仙台市
お問い合わせ:株式会社 手紙社(042-444-5367)

[地下鉄でお越しの方]
仙台市地下鉄東西線「卸町駅」下車徒歩7分(仙台駅-卸町駅間 乗車時間約9分)

[バスでお越しの方]
仙台駅前バス停 のりば(50番)→市営バス〈小鶴新田駅行〉または〈市営バス東仙台営業所前行〉で約20分→「卸町会館前」(HORUSE前)下車

[お車でお越しの方]
仙台東部道路「仙台東IC」から約7分
サンフェスタの駐車場をご利用ください。
※数に限りがありますので、公共交通機関でお越しいただくことをおすすめいたします
※駐車料金等はサンフェスタの案内ページをご覧ください→こちら

 

ご来場いただくみなさまへ

 

【入場について】
・入場料は800円です(小学生以下無料) ※当日券のみの発売、前売券はありません
・再入場の際は、入場時にお渡しするチケットをご提示ください
・チケットは2日間別々になります。再入場は当日に限り有効となりますのでご注意ください
・入場料金には、商品代は一切含まれておりません
・入場は当日のご来場順になります
・ペットの入場は固くお断りさせていただきます

【ベビーカーでの入場について】
・会場内は通路が狭くなっている箇所もございます。ベビーカーでのご入場は、ご遠慮くださいますようお願い申し上げます

【授乳室・オムツ替え室について】
・授乳やオムツ替えをされたい方は、サンフェスタ1Fにございます授乳室をご利用ください

【お手洗いについて】
・お手洗いは各階にございます

【写真撮影について】
・会場内での撮影は、ほかのお客さまのご迷惑にならないようにお願いいたします

【ゴミについて】
・会場内にゴミ箱はございません。ゴミは各自、お持ち帰りいただきますようお願い申し上げます
・フードの出展者から購入して出たゴミについては、購入した出展者にお返しください

【事故、事件などについて】
・会場内で発生した事故、事件、盗難、負傷につきましては、主催者、会場は一切責任を負いませんので、あらかじめご了承ください

【雨天時の開催について】
当イベントは雨天開催となります。やむを得ない理由で万が一イベントを中止する場合には、当日午前7時までに「紙博 in 仙台」公式SNSで発表します